Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会

自動車技術会は、「自動運転AIチャレンジ2024」の参加登録フォームにおいて、アクセス権限に設定ミスがあり、登録者に関する個人情報を閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同会によれば、5月31日から7月1日にかけて参加登録フォームで登録者の個人情報をインターネット経由で閲覧できる状態となっていたもの。

対象となるのはフォームより参加登録を行った354人に関する個人情報で、氏名、メールアドレス、所属する組織名のほか、研究室名やメールアドレスなども一部含まれる。

参加申込みに「Googleフォーム」を用いたが、共同編集者がリンクを知っている全員に設定されており、編集用URLが特定できれば、個人情報を閲覧できる状態だった。

編集用URLを直接公開することはなかったが、Googleアカウントにログインし、参加登録フォームにアクセスすると、Googleドライブ上に生成されたショートカットなどからもフォームにアクセスすることが可能だったとしている。

問題の発覚を受け、7月1日17時半に設定を修正。情報が閲覧できないよう対応した。同団体ではセキュリティ教育の徹底を図り、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2024/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ