Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに

東芝テックや沖電気が提供する複合機に脆弱性が明らかとなった。リモートよりコードを実行される脆弱性など多岐にわたっている。

OSコマンドインジェクション、パストラバーサル、認証の欠如や回避、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性をはじめ、パスワードや認証情報の管理における問題、平文による通信など、あわせて43件にのぼる脆弱性が明らかとなった。

両社ではセキュリティアドバイザリを公開。影響を受けるモデルをアナウンスしており、東芝テックでは103モデル、沖電気では2モデルを対象としている。

リモートよりコードの実行が可能となるAPIに判明したOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2024-27172」をはじめ、6件の脆弱性については、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」、重要度が「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

ただし、権限昇格の脆弱性「CVE-2024-27143」、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2024-27144」「CVE-2024-27145」「CVE-2024-27173」「CVE-2024-27174」など、「CVE-2024-27172」以外の5件については、単独で悪用することは困難とし、悪用にあたり他脆弱性と組み合わせる必要があるとして、実際のスコアは低くなるとしている。

(Security NEXT - 2024/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開