Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大

明治薬科大学は、教員が使用するクラウドサービスのメールアカウントが不正アクセスを受け、同教員をかたるフィッシングメールが送信されたことを明らかにした。メールを受信した学生などに被害が広がったという。

同大によれば、同大教員がフィッシングサイトで「ID」や「パスワード」を詐取され、5月25日に「Microsoft 365」のアカウントに対してなりすましによる不正アクセスが行われたもの。

さらに同月28日0時ごろ、同アカウントより同教員をかたった5675件のフィッシングメールが、学生や卒業生、教職員などに対して送信された。

フィッシングメールを受信した約30人の学生が信用してしまい、メールアドレスとパスワードをフィッシングサイトに入力してしまったという。

フィッシングメールについて指摘を受けた同教員は同日早朝にパスワードを変更。同日午後には「Microsoft 365」に対する海外からのログインを遮断するなど対策を講じた。不正アクセスにともなうOutlook以外の操作ログは見つかっていないとしている。

(Security NEXT - 2024/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市