Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Redmine」向けドキュメント管理プラグインに脆弱性

プロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」向けに提供されているプラグイン「Redmine DMSF Plugin」に脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

同ソフトウェアは、ドキュメント管理機能を追加するプラグイン。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2024-36267」が明らかとなったもの。

悪用には「Redmine」へログインする必要があるが、サーバ上で任意のファイルを取得されたり、削除されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.8」と評価されている。

つくばセキュアネットワークリサーチが情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整した。

開発者は5月6日にリリースした最新版となる「Redmine DMSF Plugin 3.1.4」にて同脆弱性を修正している。

(Security NEXT - 2024/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害