Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正

オープンソースのサーバ運用監視ソフト「Cacti」の開発チームは、新版となる「同1.2.27」をリリースした。複数のバグや脆弱性を修正している。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性「CVE-2024-25641」をはじめ、あわせて9件の脆弱性に対応した。

「CVE-2024-25641」は、パッケージのインポート機能に明らかとなった脆弱性。同機能の権限を持つユーザーによって、ウェブサーバ上で任意のPHPコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.1」と評価されている。

このほか、重要度が2番目に高い「高(High)」とされる2件、1段階低い「中(Moderate)」とされる6件を修正している。

開発チームでは、セキュリティに関する修正が含まれているため、できるだけ早急にアップデートするよう呼びかけている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-25641
CVE-2024-29894
CVE-2024-31443
CVE-2024-31444
CVE-2024-31445
CVE-2024-31458
CVE-2024-31459
CVE-2024-31460
CVE-2024-34340

(Security NEXT - 2024/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害