Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているショッピングカートプラグイン「WP eCommerce」に深刻な脆弱性が明らかとなった。修正パッチは提供されていない。

ブラインドSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2024-1514」が判明したもの。データベースから認証なしに情報を抽出されるおそれがある。

CVE番号を採番したDefiantのWordfenceは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

2020年8月に最新版となる「同3.15.1」がリリースされて以降、4年近く更新が滞っている。3月3日の時点で脆弱性を修正したアップデートは提供されていない。

「WordPress.org」のプラグインディレクトリでは、現地時間2024年2月16日に同プラグインの公開を停止した。作者は開発が終了していることをほのめかすメッセージを同プラグインのウェブサイトに掲載している。

Defiantでは、同脆弱性の詳細について確認し、代替ソフトウェアに移行することも含め、リスクを踏まえた緩和策を実施するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料