Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiSIEM」のAPI処理にコマンドインジェクションの脆弱性

FortinetのSIEM製品「FortiSIEM」に2件の脆弱性が明らかとなった。API経由でコードを実行されるおそれがあり、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同製品にOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2024-23108」「CVE-2024-23109」が明らかとなったもの。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」によれば、細工したAPIリクエストにより認証なしにコードを実行されるおそれがあるという。

「FortiSIEM 7.1.1」「同7.0.2」「同6.7.8」「同6.6.3」「同6.5.2」「同6.4.2」および以前のバージョンが影響を受ける。いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「10.0」、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

いずれも1月11日にCVE番号が採番された。2月6日の時点でFortinetよりアドバイザリなどは公開されておらず、脆弱性の詳細はわかっていない。「NVD」では関連する脆弱性として同じくAPI処理に起因し、2023年10月に公表された「CVE-2023-34992」を挙げている。

(Security NEXT - 2024/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック