Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市

福岡市教育委員会は、研修を案内するメールにおいて誤送信が発生し、新規に採用した教員に関するメールアドレスが流出したことを公表した。

同委員会によれば、1月26日12時過ぎから13時過ぎにかけて、新規採用教員121人に対し、研修案内メールを4回に分けて送信したところ、送信先を誤って宛先に設定するミスがあったという。

同一グループ内で互いのメールアドレスを閲覧できる状態となり、同日14時に誤送信が判明した。

対象となる教員にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2024/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市