Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Atlassian Confluence」の旧版に深刻な脆弱性 - 修正版に更新を

Atlassianが提供する「Confluence Server」「Confluence Data Center」の旧バージョンに深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが呼びかけられている。

認証なしにリモートよりコードの実行が可能となる「テンプレートインジェクション」の脆弱性「CVE-2023-22527」が明らかとなったもの。現地時間1月16日にセキュリティアドバイザリを公開し、明らかにした。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアは、最高値の「10」と評価されており、重要度はもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

2023年12月5日より前にリリースされた「同8」系に影響がある。最新版に関しては、定期的な更新を通じて影響が緩和されてきたため、同脆弱性の影響は受けないという。

同社は影響を受けるバージョンを使用している場合は、対策を即時講じる必要があるとして注意を喚起した。

脆弱性が修正されている「Confluence Server 8.5.5」「同8.5.4」および「Confluence Data Center 8.7.2」「同8.7.1」「同8.6.0」「同8.5.5」「同8.5.4」以降へ更新するよう求めるとともに、2024年1月にリリースされた最新版へのアップデートなども検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県