Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ivanti製品のゼロデイ脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起

Ivantiが提供するリモートアクセス製品にゼロデイ脆弱性が見つかった問題で、JPCERTコーディネーションセンターは利用者に注意喚起を行った。脆弱性への対応や侵害状況の調査などを行うよう促している。

現地時間1月10日にIvantiはセキュリティアドバイザリを公開し、「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」「Ivanti Policy Secure Gateway」に関する2件の脆弱性「CVE-2023-46805」「CVE-2024-21887」を公表。利用者へ注意喚起を行っている。

これら脆弱性を修正するパッチは、現地時間1月22日の週より順次提供するとしており、1月10日の時点で用意されていない。被害を防ぐため緩和策を講じるよう呼びかけられている。

こうした状況を受け、JPCERT/CCではIvantiが提供する最新情報をもとに脆弱性対応を計画し、侵害状況についても確認するよう利用者に呼びかけた。

またサポートが終了しているバージョンについては脆弱性の影響がわかっておらず、サポート中のバージョンへ移行することが推奨されているとして、あわせて対応を求めている。

侵害状況の調査にあたっては、Ivantiより発表されているセキュリティアドバイザリにくわえて、脆弱性を報告したVolexityの情報なども参考になると説明している。

(Security NEXT - 2024/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性