Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IvantiのVPN製品にゼロデイ脆弱性 - パッチ準備中、緩和策の実施を

Ivantiが提供するリモートアクセス製品「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」「Ivanti Policy Secure Gateway」に脆弱性が明らかとなった。すでに悪用が確認されているが、パッチは準備中であり、緩和策を講じるよう呼びかけられている。

同社は現地時間1月10日にセキュリティアドバイザリをリリースし、2件の脆弱性「CVE-2023-46805」「CVE-2024-21887」について明らかにするとともに対策を呼びかけたもの。

「CVE-2023-46805」は、ウェブコンポーネントにおいて認証のバイパスが可能となる脆弱性。また「CVE-2024-21887」はコマンドインジェクションの脆弱性で、管理者がウェブコンポーネントより任意のコマンドを実行できるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアは、「CVE-2024-21887」が「9.1」、「CVE-2023-46805」が「8.2」となっているが、あくまでも脆弱性単体に対する評価である点に注意が必要だ。

これら脆弱性は組み合わせて悪用でき、認証なしに細工したリクエストによって任意のコマンドを実行することが可能。脆弱性を発見、報告したVolexityにおいてもこれら脆弱性が組み合わせて悪用されていたことを明らかにしている

(Security NEXT - 2024/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大