Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome」のセキュリティアップデートをリリース

Googleは、現地時間1月3日に同社ブラウザ「Chrome」のセキュリティアップデートをリリースした。

Windows向けに「同120.0.6099.200」「同120.0.6099.199」、macOSおよびLinux向けに「同120.0.6099.199」をリリースしたもの。セキュリティに関する6件の修正を行った。

CVEベースで4件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。いずれも重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とした。

具体的には、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-0222」「CVE-2024-0224」「CVE-2024-0225」や、ヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2024-0223」を解消している。

同社では今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。

(Security NEXT - 2024/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート