Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」のセキュリティアップデート - 複数脆弱性に対応

Googleは、同社ブラウザ「Chrome」のセキュリティアップデートをリリースした。複数の脆弱性を修正している。

現地時間12月12日、Windows向けに「同120.0.6099.110」「同120.0.6099.109」、macOSおよびLinux向けに「同120.0.6099.109」をリリースしたもの。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する9件の修正を行った。CVEベースで6件の脆弱性を解消したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が上から2番目にあたる「高(High)」とされる脆弱性は5件。スクリプトエンジン「V8」に判明した型の取り違えの脆弱性「CVE-2023-6702」を修正したほか、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性4件に対処している。

そのほか「中(Medium)」とされる脆弱性1件に対応した。同社では今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-6702
CVE-2023-6703
CVE-2023-6704
CVE-2023-6705
CVE-2023-6706
CVE-2023-6707

(Security NEXT - 2023/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意