Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地域活性化活動の会員メールアドレスが流出 - 清瀬市

東京都清瀬市は、地域活性化活動の会員宛に送信したメールにおいて送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、12月5日13時過ぎに「東京清瀬市みつばちプロジェクト」の活動終了を案内するメールを会員944人へ送信した際、誤送信が発生したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、受信者間にメールアドレスが流出。同日、メールを受信した会員から指摘があり判明した。送信したメールのうち、121件はエラーで送信できていなかったという。

問題の判明を受けて同市は関係者に謝罪。誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2023/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県