Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

声優プロダクションがなりすましアカウントに注意喚起

声優のマネジメント事務所である81プロデュースは、声優の「なりすましアカウント」に注意するよう呼びかけている。

同社によれば、「X(旧Twitter)」や「Instagram」などのSNSにおいて、同社の所属声優を名乗った「なりすましアカウント」が確認されているという。

所属声優の正規アカウントからダイレクトメッセージを発信することはないとして、「なりすましのアカウント」よりダイレクトメッセージを受け取った場合も、返信したり、メッセージに記載されたURLへアクセスしないよう求めた。

今後も引き続き、正規アカウントに似せた「なりすましアカウント」が出現するおそれがあるとして注意を促すとともに、発見した場合はブロックして、SNSの運営会社に報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市