Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャプティブポータルを提供する「OpenNDS」に複数の深刻な脆弱性

ネットワークの境界においてウェブベースの認証ページ「キャプティブポータル」を提供できるオープンソースソフトウェア「OpenNDS」に複数の深刻な脆弱性が明らかとなった。

7月から8月にかけて2回のアップデートを実施し、複数の脆弱性を修正しているが、重要度が高い脆弱性などへ対処していたことがわかった。

8月28日にリリースした「同10.1.3」では、「GETリクエスト」によるクエリ文字列の長さを検証しないため、バッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2023-41101」に対応。

メモリリークが発生し、サービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2023-41102」とあわせて2件の脆弱性を修正している。

また7月29日にリリースした「同10.1.2」では、コールバックを許可している場合にOSコマンドが可能となる「CVE-2023-38316」や、デフォルト構成において認証転送サービスに固有のキーを使用する「CVE-2023-38324」に対処した。

(Security NEXT - 2023/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性