Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「glibc」の脆弱性「Looney Tunables」、悪用に警戒を

「CVE-2023-4911(Looney Tunables)」の悪用に関しては、攻撃グループ「Money Libra」のマルウェア「Kinsing」による実験的な攻撃キャンペーンの標的とされたことをAqua Securityが報告している。

同グループがこれまでも悪用してきた「PHPUnit」の脆弱性「CVE-2017-9841」と組み合わせ、「CVE-2023-4911」の悪用を試みていた。

同マルウェアは、暗号資産(仮想通貨)のマイニングを目的とし、コンテナ環境に対して自動化された攻撃を展開してきたが、今回同社が確認した手口は従来と異なり、手動で「CVE-2023-4911」の調査などを行っていた。

また一連の攻撃を通じて、最終的にクラウドサービス環境の情報や認証情報、APIトークンなどの収集を行う点に関しても、クリプトマイナーの拡散や実行に重点をおいていたこれまでの活動と違いが見られたという。

同社は同マルウェアがクラウドのシステムに対してさらなる攻撃を展開する可能性があると分析。脆弱性に対するパッチの適用などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開