Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教委でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 日進市

愛知県日進市は、同市教育委員会においてメールの送信ミスがあり、部活動地域移行実証事業の参加登録者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、10月27日11時ごろ、同市教委より部活動地域移行実証事業の参加登録者である保護者105人に対し、中学校ごとの4グループにわけて案内通知をメールで送信したところ、送信先を誤って宛先に設定するミスがあったという。

同一グループ内で宛先となったメールアドレスが互いに閲覧できる状態となり、メールを受信した保護者から同日電話で指摘があり問題が判明した。

対象となる保護者に同日電話とメールで謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2023/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正