Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」や「VMware Fusion」に脆弱性 - アップデートが公開

VMwareは、「VMware Workstation」「VMware Fusion」に複数の脆弱性が明らかになったとしてアップデートをリリースした。

現地時間10月19日にセキュリティアドバイザリをリリースし、「VMware Workstation」については1件、「VMware Fusion」については3件の脆弱性が存在することを明らかにした。

「CVE-2023-34044」は両製品に影響がある情報漏洩の脆弱性。Bluetoothにおけるデバイス共有に存在し、ハイパーバイザーのメモリ内にある特権情報を、仮想マシンのローカル管理者権限により読み取られる可能性があるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.1」。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

一方「VMware Fusion」では、「.dmg」ボリュームからアプリケーションをコピーする際に「CVE-2023-34046」や「CVE-2023-34045」など権限昇格が生じるおそれがある脆弱性が判明した。CVSS基本値はそれぞれ「6.7」「6.6」と評価されており、重要度は1段階低い「中(Moderate)」とレーティングされている。

同社は、脆弱性を修正した「VMware Workstation 17.5」「VMware Fusion 13.5」をリリース。利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

申込フォームで個人情報が閲覧可能に - 大阪市コミュニティ協会
Windows向けのバイナリエディタ「Frhed」に脆弱性
学習支援システムから学生情報が流出した可能性 - 名古屋芸大
合併金融機関との口座番号対照表を紛失 - 武蔵野銀
ランサム感染で障害、システム図面などが流出 - レスターHD
注文情報などを異なる顧客へ誤送信 - Yahoo!ショッピング
JPAAWG、GoogleやYahooの「大量メール送信規制」で緊急イベント
米当局、悪用リストから脆弱性1件を除外 - PoC機能せず、CVEは廃番
サイバー攻撃の情報共有で報告書 - 関連文書のパブコメも
WordPress用フォーム作成プラグインに脆弱性 - 早急に更新を