Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社会人向け検定サービスサイトに不正アクセス

社会人向け講座や検定サービスなどを提供するeコマースサイト「MHJストア」が不正アクセスを受けた。個人情報が流出し、一部のクレジットカード情報が不正利用された可能性があるという。

同サイトを運営するマウンハーフジャパンによれば、同サイトの脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。決済アプリケーションを改ざんなど被害に遭った。

不正アクセスの影響で、2021年3月2日から2023年7月18日までに同サイトを利用した顧客最大2万5326人に関する個人情報が流出した可能性がある。氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、購入履歴などが含まれる。

また2万3309人については、同期間に同サイト上で入力されたクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどの情報を窃取され、不正に利用された可能性がある。

7月27日にクレジットカード会社から情報流出の可能性があるとの指摘があり、問題が発覚した。翌28日に個人情報保護委員会に報告している。

(Security NEXT - 2023/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)