Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

奨学金の催告状を別の住所へ送付 - 三重県教育委員会

三重県教育委員会は、奨学金返済の催告状を送付した際、一部について誤った住所へ送付したことを明らかにした。

同県教委によれば、9月25日に奨学金の返済を滞納している卒業生などの債務者、保護者などの法定代理人、連帯保証人あわせて31人へ催告状を郵送した際、連帯保証人宛ての11人分を誤った住所へ送付したという。

10月2日に1通が郵便局から戻されたため、内容を確認したところ、宛名と住所が一致していないことがわかった。同月3日の時点で3通が戻されているが、残りの8通は宛名が誤った状態で配達されている可能性がある。

催告状には、氏名、住所、主債務者名、返還残金、滞納金額が記載されていた。データから催告状の差し込み印刷を行う際、設定を誤り、氏名と住所が一致しない状態で印刷。そのまま誤りに気づかず発送していた。

同県教委では、対象者に謝罪するとともに、誤って配達された催告状を回収するとしている。

(Security NEXT - 2023/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業