Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Atlassian Confluence」にゼロデイ脆弱性 - 侵害状況の確認を

「Atlassian Confluence」にゼロデイ脆弱性「CVE-2023-22515」が明らかとなった。すでに複数の顧客で悪用が確認されており、アップデートの実施にくわえて侵害の痕跡がないか確認するよう利用者に注意を呼びかけている。

「Confluence Server」「同Data Center」に権限昇格の脆弱性「CVE-2023-22515」が明らかとなったもの。リモートより承認なしに「管理者アカウント」を作成し、インスタンスに対してアクセスすることが可能となるもので、一部顧客より報告を受けているという。

同社では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」において同脆弱性のベーススコアを最高値である「10」と評価。重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。 Atlassianによりホストされている「Atlassian Cloud」は同脆弱性の影響を受けない。

同社では現地時間10月4日にセキュリティアドバイザリをリリース。「同8.5.2」「同8.4.3」「同8.3.3」にて脆弱性を修正しており、利用者へアップデートを呼びかけるとともに、アップデートできない場合は外部からのアクセスを制限するなど緩和策を講じるよう求めた。

あわせて、すでに侵害されていた場合は、アップデートを実施しても問題は解決せず、引き続き侵害された状態が継続することを強調。

管理者グループに意図しないメンバーが追加されていたり、あらたなユーザーアカウントが作成されていないか、またログに不審な動きがないかなど、侵害の痕跡がないか確認し、侵害されていた場合は、サーバをネットワークから遮断し、被害の範囲を特定して対策を講じるよう求めている。

(Security NEXT - 2023/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プロキシサーバ「Squid」にサービス拒否の脆弱性
BIツール「Apache Superset」に脆弱性 - アップデートで修正
映画感想投稿キャンペーンで個人情報が閲覧可能に - 映画配給会社
講座申込者宛のメールで誤送信 - 都立特別支援学校
SNSアカを乗っ取られ、削除される - レンズメーカーのシグマ
取材メモがネット流出、派遣スタッフから - NHK
米当局、悪用リストから脆弱性1件を除外 - PoC機能せず、CVEは廃番
「macOS Sonoma 14.1.2」を公開、脆弱性を修正 - 旧OSには「Safari」のアップデート
Apple、「iOS 17.1.2」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件に対応
委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院