Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントなどに脆弱性

ビデオ会議サービスを展開する米Zoomはセキュリティアドバイザリをリリースし、クライアントソフトなどに明らかとなった脆弱性に対処したことを明らかにした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、3件の脆弱性を修正したことを明らかにしたもの。

デスクトップ版やモバイル版、VDI版などのクライアントにおいて、サービス拒否に陥るおそれがある認証不備の脆弱性「CVE-2023-39215」に対応した。またLinux向けのクライアントにおいて入力検証不備によりサービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2023-39208」を解消している。

さらにアンインストーラーである「CleanZoom」において検索パスに問題があり、権限の昇格が生じるおそれがある「CVE-2023-39201」を修正した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、「CVE-2023-39215」が「7.1」、「CVE-2023-39208」が「6.5」、「CVE-2023-39201」が「7.2」と評価されている。

脆弱性の重要度については「CVE-2023-39215」「CVE-2023-39201」をともに「高(High)」、「CVE-2023-39208」を「中(Medium)」とレーティング。アップデートなど実施し、最新版を使用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応