Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先がメール誤送信、スポーツ体験教室参加者のメアド流出 - 北九州市

福岡県北九州市は、委託先においてメールの送信ミスがあり、スポーツ体験教室参加者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、7月19日10時ごろ、委託先のギラヴァンツ北九州の担当者が、「ドリームスポーツ体験教室」の参加者42人に案内メールを送信した際、送信先を誤って宛先に入力したもの。受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同日13時ごろ、受信者から指摘があり判明。同市では対象となる参加者に対し、電話で謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2023/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ