Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテリア雑貨の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性

家具やインテリア雑貨の通信販売サイト「fkolme.com」が不正アクセスを受け、顧客情報が流出し、一部クレジットカード情報が不正利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営する東谷によれば、同サイトの脆弱性を突く不正アクセスを受けたもので、決済アプリケーションを改ざんされた。

2022年11月11日から2023年1月13日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を行った顧客37人のクレジットカード情報などが流出し、悪用された可能性がある。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードのほか、ログインID、パスワードなども対象だという。

1月12日にクレジットカード情報が流出している可能性があることに気づき、同月16日にクレジットカード決済を停止。あわせて、外部事業者による調査を行っていた。

4月24日に調査を終え、5月1日に警察へ被害を申告。6月26日に個人情報保護委員会へ報告を行った。対象となる顧客には、7月18日よりメールや書面を通じて経緯の報告と謝罪を行うとともに、身に覚えのない請求が行われていないか確認するよう呼びかけている。

今回の問題を受け、同社は調査結果を踏まえてセキュリティ対策と監視体制の強化を行う方針。ウェブサイトの再開については、決定次第サイトで告知する。

(Security NEXT - 2023/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市