Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーム設定ミスで研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 茨城県発達障害者支援センター

茨城県は、茨城県発達障害者支援センター「COLORSつくば」において、研修申込者の個人情報がフォーム上から閲覧できる状態になっていたことを明らかにした。

同県によれば、同仁会に運営を委託している同センターにおいて、自治体職員向け研修の申し込みをGoogleフォームにて受け付けたが、設定ミスにより申込者の個人情報がフォーム上から閲覧できる状態となっていたもの。研修申込者58人分の氏名、電話番号、所属、年代、メールアドレスなどが参照可能だった。

7月12日に研修参加者から問い合わせがあり、問題が判明。申し込みは6月12日から7月3日まで受け付けたが、締め切り後も7月12日11時まで個人情報を閲覧できる状態だった。

同県では対象となる申込者に対し、経緯の説明と謝罪を行っている。今後はマニュアルを用意するほか、フォーム作成時に複数職員で確認を行なうなど、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2023/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市