Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoの「SD-WAN」管理製品に深刻な脆弱性 - アップデートを

「Cisco SD-WAN vManage」の「REST API」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが呼びかけられている。

同製品は「SD-WAN」の一元管理機能を提供するソフトウェア。「REST API」に対するリクエスト処理を十分検証しておらず、認証なしにインスタンスの構成情報を読み書きできる脆弱性「CVE-2023-20214」が明らかとなった。

ウェブ管理インターフェイスやコマンドラインなどは同脆弱性の影響を受けず、「REST API」のみ影響を受けるという。同社がサポートを提供する過程で発見したもので、脆弱性の悪用や公表は確認されていない。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.1」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

「同20.6.3.3」を含む以降のバージョンに影響があり、同社では脆弱性を修正した「同20.11.1.2」「同20.10.1.2」「同20.9.3.2」「同20.6.5.5」「同20.6.4.2」「同20.6.3.4」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けeコマースプラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性
Node.JS向けライブラリ「systeminformation」に脆弱性
ネットワーク監視ツール「LibreNMS」に脆弱性 - 「クリティカル」も
個情委、公金受取口座の誤登録問題でデジタル庁に行政指導
「SecHack365」の受講生情報含むPCが所在不明に - NICT
患者情報含むファイルがネット上で閲覧可能に - 日大板橋病院
住民票の誤交付問題で富士通Japanに行政指導 - 個情委
「iPhone」や「iPad」に3件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを公開
サポート詐欺で職員宅PCが遠隔操作 - 厚生中央病院
Snatchランサムウェア、セーフモードでセキュリティ対策を回避