Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

港内で運用するターミナルシステムがランサム感染 - 名古屋港

名古屋港運協会は、名古屋港統一ターミナルシステムがランサムウェアに感染したことを明らかにした。コンテナの搬出入作業に影響が出た。

同協会によれば、7月4日6時半ごろから、名古屋港内の全コンテナターミナルで運用している「名古屋港統一ターミナルシステム(NUTS)」において障害が発生したもの。原因を調べたところ、ランサムウェアに感染していることが判明した。

システム障害の影響により、トレーラーによるターミナルへのコンテナ搬出および搬入作業を一時中止した。

当初、7月5日18時のシステム復旧を目指していたが作業が遅れ、翌6日7時半にシステムが復旧した。コンテナ搬出入作業の再開についても当初予定していた6日8時30分から同日午後へと変更。15時より順次再開している。

(Security NEXT - 2023/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPAAWGのカンファレンスイベント、11月に開催 - 申込受付を開始
「CODE BLUE 2023」のタイムテーブル - 脆弱性関連の講演充実
トレンドのモバイル管理製品に複数の脆弱性
米政府、Appleやトレンドの脆弱性について注意喚起
患者情報含む書類が所在不明 - 昭和大病院
プレミアム付き商品券の発行事業でメール誤送信 - 唐津市
県立高校生徒会室で生徒情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
上半期の不正アクセスによる検挙は188件 - 前年同期比19.3%減
WP向けeコマースプラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性
Node.JS向けライブラリ「systeminformation」に脆弱性