Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアに感染、個人情報流出の可能性 - IDOM

中古車販売のガリバーを運営するIDOMは、同社サーバがランサムウェアに感染し、保有する個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によると3月30日にシステム障害が発生。一部業務システムの起動ファイルが暗号化され、サーバがランサムウェアに感染した可能性があることが判明。4月3日に事態を公表するとともに、外部協力のもと原因や被害範囲について調査を進めていた。

5月13日に調査を終え、3月29日20時ごろ第三者によるアクセスが行われ、翌30日6時ごろより、サーバ内のデータを暗号化され、使用できない状況に陥ったことが判明した。

個人データが外部に送信された痕跡は見つかっていないものの、顧客や関係者に関する個人情報240万2233件を攻撃者によって参照された可能性があるという。

同社では、警察へ被害を申告し、個人情報保護委員会へ報告した。情報が流出した可能性がある顧客や関係者に対しては、個別に経緯の説明や謝罪を行うとしている。

今回被害を受けたサーバについてはすでに復旧しており、業務への影響については否定した。

(Security NEXT - 2023/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を