Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

革服通販サイトに不正アクセス - システム移行後に判明

レザーウェアの製造、販売を手がけるカドヤは、同社公式オンラインショップが不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によると、3月1日以前に運営していた同サイトに脆弱性が存在し、不正アクセスを受けてデータ管理画面が閲覧可能になり、不正ファイルを設置されたことが判明したもの。

同日以前に同サイトを利用した顧客最大2万8658人に関する個人情報が流出した可能性がある。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、購入履歴のほか、顧客が任意で入力した会社名、性別、生年月日、配送先なども含まれる。

さらに決済アプリケーションが改ざんされており、2021年4月30日から2023年3月1日にかけて顧客が登録したクレジットカード情報最大6263件が窃取されたおそれがある。クレジットカードの名義や番号、有効期限のほか、セキュリティコードも含まれる。

3月15日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘を受けたという。同社では3月17日に個人情報保護委員会に報告。3月1日にシステムを運用するプラットフォームや決済システムを異なるものへ変更していたが、3月24日に一部クレジットカード決済を停止した。

(Security NEXT - 2023/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県