Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

分散型データベース「OpenTSDB」にコマンドインジェクションの脆弱性

分散型データベース「OpenTSDB」にコマンドインジェクションなど複数の脆弱性が明らかとなった。ソースリポジトリにおいて修正されている。

「同2.4.1」および以前のバージョンのAPIにおいて、HTTPクエリに対するパラメータの検証に不備がある脆弱性「CVE-2023-25826」が明らかとなったもの。

同ソフトウェアをホストするシステム上でコードを実行されるおそれがある。2021年9月にリリースされた「同2.4.1」にて「CVE-2020-35476」の修正にあたり正規表現が実装されたが、意図したとおりに機能していないことに起因するという。

脆弱性を発見し、CVE番号を採番したSynopsysでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

また反射型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2023-25827」についてもあわせて明らかとなった。過去に修正された「CVE-2018-13003」と同様の問題に起因するとしている。CVSS基本値は「8.2」、重要度は「高(High)」。

いずれもソースリポジトリにおいて修正が実施されている。

(Security NEXT - 2023/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業