Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号資産取引所を狙うサイバー攻撃、「OneNoteファイル」を悪用

さらにダウンロードしたファイルには追加の「PowerShellスクリプト」も含まれており、「Windows Defender」において検索対象より「Parallax RAT」を除外したり、「ユーザーアカウント制御(UAC)」の無効化などを行おうとしていた。

「Parallax RAT」は、感染後にWindowsの正規プロセスを実行。悪意あるコードを挿入し、キーの入力情報を窃取したり、外部との通信を行なう。

JPCERTコーディネーションセンターが通信先のコマンド&コントロールサーバを調査したところ、さらなるマルウェアやツールを発見。また別の攻撃で用いられたと見られる「OneNoteファイル」なども確認された。

同センターでは、今回の攻撃で観測された通信先やファイルのハッシュ値など「IoC(Indicators of Compromise)」情報を公開。マルウェアの感染活動に「OneNoteファイル」が使用されているとして注意を呼びかけた。

「OneNoteファイル」を悪用した攻撃としては、3月に入って「Emotet」の感染活動でも確認されており、注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2023/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート