Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者に十分説明せずに外部へ識別子を提供 - LINE

LINEは、アプリ「LINE」上でサードパーティが提供する一部サービスにおいて、利用者に説明が不十分なままデータ連携が行われていたとし、データ連携を停止した。

「LINE」では、友だちやボット、トークルームなどを識別するための識別子が割り振られており、2018年5月よりウェブアプリプラットフォーム「LINE Front-end Framework(LIFF)」にて作成されたトークルーム上のサービスでは、データ連携により同識別子を取得することが可能だった。

サードパーティでは同識別子を用いて複数のユーザーが同一のトークルームに所属しているか認識することが可能となる一方、利用者に十分な説明が行われていなかった。

同社は2022年8月に実装が想定と異なっていることを把握。調査を進め、同年12月19日に説明が不十分であると判断した。

同月27日よりサードパーティに対し、トークルーム識別子の連携停止と関連する対応について依頼。2023年2月6日にサードパーティへのトークルーム識別子の連携を停止し、サードパーティに対して取得済みのデータを破棄するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要