Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

こんにゃく通販サイトに不正アクセス - 移行前の旧サイトで被害

山形県のこんにゃく専門店である丹野こんにゃくは、同社が運営する通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出し、一部が不正利用された可能性があることを明らかにした。

同社によれば、同サイトの脆弱性を突く不正アクセスがあり、、決済アプリケーションを改ざんされ、名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどクレジットカード情報を窃取されたという。

対象となるのは、2021年3月9日から2022年3月31日にかけて「丹野こんにゃくオンラインショップ」で購入した顧客。クレジットカード情報861件が流出し、一部が不正利用された可能性がある。

同社では、2022年4月1日に新しいシステムへ切り替えており、新システムで使用されたクレジットカード情報の流出は確認されていないとしている。

2022年11月11日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、同日外部からのアクセスを遮断してクレジットカード決済を停止。個人情報保護委員会に報告するとともに対応を進めていた。

12月1日に警察へ被害を申告しており、外部事業者による調査は12月9日に完了した。対象となる顧客に対しては、2023年2月8日よりメールや書面を通じて経緯の報告と謝罪を行っている。

同社では調査結果を踏まえてセキュリティ対策や監視体制の強化など再発防止策を講じ、改修を経て同通販サイトを再開させる予定。

(Security NEXT - 2023/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開