Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入

米連邦捜査局(FBI)やドイツ連邦刑事庁をはじめ、10カ国以上の法執行機関が協力し、ランサムウェアネットワーク「Hive」が利用するインフラを押収したことがわかった。

「Hive」は、参加者に「ランサムウェア」の攻撃インフラを提供し、攻撃を成功させると報酬が得られるアフィリエイトサービス「Ransomware as a Service(RaaS)」を展開。

被害者は、内部のデータを盗み出された上に暗号化され、復号を条件に金銭を要求される。さらに要求に応じないと窃取したデータをリークサイト上に公開するなどと「二重脅迫」が行われる。

アフィリエイトの参加者による攻撃経路も幅広く、メール経由の攻撃のほか、「VPN」や「リモートデスクトッププロトコル(RDP)」などリモートアクセスの経路が狙われたほか、脆弱性を悪用し、多要素認証をバイパスする攻撃なども確認されている。

「Hive」に関連する攻撃の被害は、2021年6月以降にグローバルで1500件以上、要求された身代金は数億ドルにのぼり、攻撃グループは約1億ドルを荒稼ぎしていたと見られる。

(Security NEXT - 2023/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開