Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社

不動産仲介事業を展開する三春情報センターは、パソコンがマルウェアに感染し、同社従業員を装ったなりすましメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、パソコンが「Emotet」と見られるマルウェアに感染し、同社従業員になりすましたメールが送信されたことを確認したもの。

アドレス帳のデータを読み取られ、氏名とメールアドレス約300件が流出した可能性があるという。

同社では、実在する組織や人物より送信されたメールについても、不審な点がある場合は本文のURLや添付ファイルを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正