Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開

「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

「VMware ESXi」では、ネットワークソケットにおいてメモリ破壊を引き起こし、サンドボックスの回避が可能となる脆弱性「CVE-2022-31696」や、情報漏洩につながるおそれがあるヒープオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-31699」が明らかとなった。

「CVE-2022-31696」は、今回明らかとなった脆弱性においてもっとも重要度が高く、4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」としている。

「CVE-2022-31699」については、重要度を「中(Moderate)」、CVSS基本値を「4.2」とした。ともに「同7.0」より以前に影響があり、「同8.0」は影響を受けない。

(Security NEXT - 2022/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市