Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性

Proofpointのセキュリティ製品「Proofpoint Enterprise Protection」に複数の脆弱性が明らかとなった。

オンプレミス版(PPS)およびオンデマンド版(PoD)の「同8.19.0」および以前のバージョンに2件の脆弱性「CVE-2022-46332」「CVE-2022-46333」が明らかとなったもの。

「CVE-2022-46332」は、格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性。添付ファイル名の処理に存在し、第三者より送信されたメールを通じて、ユーザーインタフェースにおける管理者権限を取得されるおそれがある。

同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、同脆弱性のベーススコアを「9.6」、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

また「管理者ユーザーインターフェイス」にコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-46333」が判明した。脆弱性を悪用することで権限以上のコマンドが実行可能になるという。CVSS基本値は「7.2」、重要度は「高(High)」。

同社では脆弱性を修正したパッチ「同8.19.0 patch 4546」「同8.18.6 patch 4545」「同8.18.4 patch 4544」「同8.13.22 patch 4543」をリリースした。オンデマンド版はすでに脆弱性を展開している。オンプレミス版については、手動でアップデートを行っている場合は適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消