Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性

複数システムのインテグレーションに用いられるフレームワーク「Apache Camel」に脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

コンポーネント「Camel-LDAP」にLDAPインジェクション攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2022-45046」が明らかとなったもの。フィルタオプションを使用する場合に影響があり、開発チームでは、脆弱性の重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「9.8」、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価している。

開発チームでは、現地時間12月1日にリリースした「同3.18.4」「同3.14.6」にて同脆弱性を修正。これらバージョンへアップデートするか、脆弱性の影響を受けない「Camel-Spring-Ldap」を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院
個人情報含む書類をFAXで誤送信 - 栃木県住宅供給公社
個人情報含む生徒個人票を紛失 - 神奈川の中高一貫校
リサイクルされる「ランサムウェア」 - リーク件数は1.5倍に
都パスポートセンターの従業員が書類送検 - 個人情報記載の付箋を窃取
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
水道局の制御機器を狙うサイバー攻撃が発生 - 米当局が注意喚起
個情委、野辺地町に行政指導 - 管理不備や報告遅滞で
VMware、「VCD Appliance」の修正パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
設定不備でシステム開発用サーバから顧客情報が流出 - 積水ハウス