Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台

国立天文台において、個人情報が含まれるUSBメモリが所在不明となっている。

自然科学研究機構によれば、職員が自席の引き出しで保管していたUSBメモリを紛失していることへ4月15日に気づき、同月17日に報告した。

問題のUSBメモリには、職員採用に関する応募書類などが保存されており、精査したところ最大で1048人分の個人情報が含まれている可能性がある。

保管していた引き出しは施錠しておらず、最後にUSBメモリを確認したのは2021年11月26日ごろだという。

同機構では、個人情報が含まれている可能性がある関係者に対し、郵便およびメールで経緯の説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2022/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区