Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング

「OCN」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。11月中旬以降、インターネットサービスプロバイダーを装うフィッシングの報告が目立っており、注意が必要だ。

「【重要】OCNご利用額確定のお知らせ」といった件名のフィッシングメールが確認されているもの。メールの本文では請求額が確定したなどと説明し、確認するよう求めてフィッシングサイトへ誘導していた。

誘導先の偽サイトでは、ログイン画面に見せかけてIDやパスワードなどの情報をだまし取る。11月30日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

11月中旬以降、「So-net」「BIGLOBE」などISPの利用者を狙ったフィッシング攻撃の報告が目立っている。同協議会では、類似したフィッシング攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QRコード生成サイトの利用に注意 - 思わぬ動作でトラブルに
「読売新聞オンライン」の偽サイト - 著名人画像の広告で誘導
学外から送信されたフィッシングメールに注意を喚起 - 愛媛大
「三菱UFJ銀行」を装うSMSに注意 - 偽サイトに誘導
クレカブランド「セディナ」装うフィッシング攻撃が発生
「Shopee」をかたるフィッシングサイトに注意 - 被害が増加
「処理水放出」に便乗するフィッシング - 「1000万円を支払う」と偽サイトへ誘導
「マイナポイント事務局」装う偽メールに注意 - ポイント失効と不安煽る
「ETC利用照会サービス」装うフィッシング - 自動解約機能に便乗
NTTドコモ装うフィッシング - 「dカード利用停止」と不安煽る