Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」

VMwareは、「VMware Tools for Windows」の脆弱性を解消するアップデートをリリースした。重要度は「低(Low)」とされている。

「VMware Tools for Windows」に実装されている一部ドライバに、ゲストOSであるWindowsのサービス拒否を引き起こすことが可能となる脆弱性「CVE-2022-31693」が明らかとなったもの。非公開で報告を受けたという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「3.3」、4段階ある重要度においてもっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

VMwareでは「同12.1.5」にて脆弱性を修正。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省