Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も

システム管理者の約2割が外部メディアの紛失や盗難などの経験があるとする調査結果をアルプスシステムインテグレーションが取りまとめた。

同調査は、同社が9月22日から同月26日にかけてウェブアンケートを利用して実施したもの。企業や官公庁に勤める情報システムの管理者415人が回答した。

外部メディアを利用して情報を持ち出すことについて規定はあるか尋ねたところ、86.0%が「ある」とし、「ない(8.7%)」を大きく上回った。5.3%は「わからない」と回答したという。

「規定がある」とした357人に、外部メディアに書き出す情報の管理状況を聞いたところ、「システムで管理」が42.0%でもっとも多く、「台帳で管理」が21.8%だった。21.6%は「管理していない」としており、14.6%は「わからない」と答えた。

職場において利用する外部メディアを紛失したり、盗難に遭った経験について尋ねたところ、「ない」との回答が59.3%を占める。一方21.7%が「ある」としており、19.0%は「わからない」と回答している。

(Security NEXT - 2022/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院
個人情報含む書類をFAXで誤送信 - 栃木県住宅供給公社
個人情報含む生徒個人票を紛失 - 神奈川の中高一貫校
リサイクルされる「ランサムウェア」 - リーク件数は1.5倍に
都パスポートセンターの従業員が書類送検 - 個人情報記載の付箋を窃取
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
水道局の制御機器を狙うサイバー攻撃が発生 - 米当局が注意喚起
個情委、野辺地町に行政指導 - 管理不備や報告遅滞で
VMware、「VCD Appliance」の修正パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
設定不備でシステム開発用サーバから顧客情報が流出 - 積水ハウス