Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバなどにサイバー攻撃、番組供給には影響なし - 日本ケーブルテレビジョン

テレビ朝日子会社の日本ケーブルテレビジョン(JCTV)がサイバー攻撃を受けたことがわかった。ファイルサーバやパソコン内のデータを使用できない状況となっており、内部の情報が流出した可能性もある。

同社によれば、11月6日に外部からの攻撃によって業務で用いるファイルサーバやパソコンに保存されていたデータを使用できない障害が発生したもの。ファイルを参照できず、事務作業などに支障が出ている。

端末内部には、2020年10月から2022年7月までの同社採用応募者、番組の出演者やスタッフ、退職者含む従業員などの個人情報約7000人分なども含まれており、外部に流出した可能性もあるという。

同社は本誌取材に対し、現在調査中の段階にあるとして原因などについてはコメントを避けた。同社では総務省へ事態を報告するとともに、外部事業者協力のもと対応を進めている。

同社では番組供給事業を展開しており、ニュース専門チャンネル「CNN」を提供しているが、今回被害にあったサーバなどとは異なる環境で管理していると説明。番組の供給、番組制作素材の提供などに支障は出ていないとしている。

お詫びと訂正:初出記事において「テレビ朝日ホールディングス子会社」との記載がありましたが、正しくは「テレビ朝日子会社」です。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2022/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も