Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、11月の定例パッチを公開 - 悪用済み脆弱性6件を修正

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、67件の脆弱性に対処した。3件の脆弱性がすでに悪用済みだという。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Microsoft Exchange Server」「ネットワークポリシーサーバー(NPS)」「Azure」「AzureRTOS」「.NET Framework」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性に対処した。

CVEベースで67件の脆弱性を修正しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が12件。のこる55件については次に高い「重要(Important)」とレーティングされている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、「7.0」以上と評価された脆弱性は45件。「9.0」以上とされる脆弱性は含まれていない。

GitHubが採番した「Azure CLI」の脆弱性「CVE-2022-39327」や「Git for Windows」に明らかとなった「CVE-2022-39253」、AMDのプロセッサに起因する「CVE-2022-23824」についてはCVSS基本値を示していない。

また67件の脆弱性にくわえて、「OpenSSL」で修正された脆弱性「CVE-2022-3786」「CVE-2022-3602」を反映するプログラムも提供している。

(Security NEXT - 2022/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生