Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、11月の定例パッチを公開 - 悪用済み脆弱性6件を修正

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、67件の脆弱性に対処した。3件の脆弱性がすでに悪用済みだという。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Microsoft Exchange Server」「ネットワークポリシーサーバー(NPS)」「Azure」「AzureRTOS」「.NET Framework」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性に対処した。

CVEベースで67件の脆弱性を修正しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が12件。のこる55件については次に高い「重要(Important)」とレーティングされている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、「7.0」以上と評価された脆弱性は45件。「9.0」以上とされる脆弱性は含まれていない。

GitHubが採番した「Azure CLI」の脆弱性「CVE-2022-39327」や「Git for Windows」に明らかとなった「CVE-2022-39253」、AMDのプロセッサに起因する「CVE-2022-23824」についてはCVSS基本値を示していない。

また67件の脆弱性にくわえて、「OpenSSL」で修正された脆弱性「CVE-2022-3786」「CVE-2022-3602」を反映するプログラムも提供している。

(Security NEXT - 2022/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県