Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を解消

Googleは、ブラウザ「Chrome」のセキュリティアップデートをリリースした。複数の脆弱性を修正している。

Windows向けに「同107.0.5304.107」「同107.0.5304.106」、macOSおよびLinux向けに「同107.0.5304.110」をリリースしたもの。

今回のアップデートではセキュリティに関する10件の修正を実施したとしており、CVEベースであわせて6件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。

具体的には、「CVE-2022-3885」をはじめ、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性4件を修正。さらにヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性や、JavaScriptエンジン「V8」における型の取り違えなどを解消した。

重要度は、いずれも4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。同社では数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-3885
CVE-2022-3886
CVE-2022-3887
CVE-2022-3888
CVE-2022-3889
CVE-2022-3890

(Security NEXT - 2022/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中