Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

分散ストリームエンジン「Apache Heron」に脆弱性

Twitterが開発し、その後オープンソース化されて「Apache Incubator」となっている分散ストリームエンジン「Apache Heron」の脆弱性が公表された。1年前にリリースされたアップデートで修正済みだという。

ログにおいてエスケープ処理に問題があり、改行文字を挿入することが可能となる「ログインジェクション」の脆弱性「CVE-2021-42010」が明らかとなったもの。ログの改ざんなどに悪用されるおそれがある。

「同0.20.4-incubating」および以前のバージョンが影響を受けるとしており、開発チームでは、重要度を「低(Low)」とレーティングした。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価している。

2022年10月23日に開発チームより公表されたが、CVE番号は2021年10月に採番されており、同月リリースされた「同0.20.5-incubating」にて修正済みだという。開発チームでは、利用者に同バージョン以降へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開