Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Veritas製バックアップ製品に複数脆弱性 - サーバ、クライアントに影響

Veritas Technologiesが提供する法人向けバックアップ製品「Veritas NetBackup」に深刻な脆弱性が明らかとなった。脆弱性に対処した修正プログラムが用意されている。

Veritasによれば、脆弱性によって影響を受けるバージョンは異なるが、「Veritas NetBackup Servers」「Veritas NetBackup Clients」に複数の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2022-42308」はパストラバーサルの脆弱性で、脆弱性を悪用するとローカル環境より任意のファイルを削除することが可能となる。

同脆弱性にくわえて、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2022-42305」やXML外部実体参照(XXE)の脆弱性「CVE-2022-42307」のほか、サービス拒否の脆弱性「CVE-2022-42299」「CVE-2022-42306」なども明らかとなった。

さらに「NetBackup Servers」では、SQLインジェクションの脆弱性「CVE-2022-42302」「CVE-2022-42303」「CVE-2022-42304」やXML外部実体参照(XXE)の脆弱性「CVE-2022-42301」、サービス拒否の脆弱性「CVE-2022-42300」が判明している。

なかでも「CVE-2022-42302」「CVE-2022-42308」に関してVeritasでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.0」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社では、「NetBackup Servers」「NetBackup Clients」「NetBackup Appliance」向けに脆弱性に対処するアップデートやホットフィクスを用意。また「Flex Appliance」「Flex Scale」のユーザーなども含め対応を呼びかけている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-42299
CVE-2022-42300
CVE-2022-42301
CVE-2022-42302
CVE-2022-42303
CVE-2022-42304
CVE-2022-42305
CVE-2022-42306
CVE-2022-42307
CVE-2022-42308

(Security NEXT - 2022/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を