Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を

バッファローが提供するルータやWi-Fiアダプタなど29製品に認証を回避される脆弱性が明らかとなった。公衆無線LANサービス「FREESPOT」向けの製品が複数含まれているほか、設定によってはインターネット経由で攻撃を受けるおそれもあり、利用者は注意が必要だ。

29製品において、認証をバイパスし、機器にアクセスすることが可能となる「CVE-2022-40966」が明らかとなったもの。

このうち16製品については、ログインしたユーザーによりドキュメント化されていないデバッグ機能を有効化され、任意のOSコマンドを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-39044」が存在。またハードコードされた認証情報を用いて設定を変更されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-34840」なども4製品において明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNにおける共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると「CVE-2022-40966」が「8.8」と評価されており、3件の脆弱性においてもっとも高い。「CVE-2022-39044」が「6.8」、「CVE-2022-34840」が「4.3」と続く。

「CVE-2022-40966」「CVE-2022-34840」に関しては、悪用にあたりLANやWi-Fiなど隣接するネットワークから攻撃する必要がある。

対象機器には、施設利用者などに開放する公衆無線LANサービス「FREESPOT」向けの端末「FS-600DHP」「FS-G300N」「FS-HP-G300N」「FS-R600DHP」なども含まれており、隣接ネットワークに対して不特定多数がアクセス可能となっているおそれもある。

(Security NEXT - 2022/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正