Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破

2022年第2四半期は、四半期ごとの統計においてクレジットカードの番号盗用による被害額がはじめて100億円の大台を突破した。

日本クレジット協会が、国際ブランドカードの発行事業者を中心に、銀行、信販会社、流通におけるクレジットカード事業者、中小の小売団体など41社を対象にクレジットカードの不正使用被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は約106億4000万円。前四半期の約100億1000万円から6.3%増加となった。

内訳をみると、番号盗用被害が前四半期の約94億6000万円から6.6%増となる約100億8000万円となり、100億円の大台をはじめて突破した。偽造カードによる被害が約2000万円。その他被害が約5億4000万円だった。

20221005_jc_001.jpg
クレジットカードの不正利用被害の推移。2022年第2四半期は番号盗用による被害が100億円をはじめて突破した(グラフ:日本クレジット協会)

(Security NEXT - 2022/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC